クレカ現金化を錬金術とは思わないこと

クレカ現金化とはいいますが、とどのつまり借金を増やす行為であることに変わりはありません。
クレカ現金化で、キャッシング枠よりも多くの現金を手にすることが出来た場合、まるで副業やギャンブルなどで儲けたかのような錯覚を覚え、散財してしまう方がいらっしゃいます。

しかしながら、紛れも無く、クレジット会社に対して生じた借金であることを忘れてはならないのです。
クレカ現金化とは、本当に急場を凌ぐための最後の切り札的な使い方をするべきなのです。

利用すれば、必ず返済が来ること

前述のようにまるで錬金術のように考えている方の多くは、あっさりと散財してしまうタイプが多いのです。
しかしながら、借金をすれば、必ず返済をしなければなりません。

1ヶ月ほどの猶予はあるものの、その間には、確実に返済の対策を立てておかないとまずいのです。
つまり、特に借金の解決方法として、クレカ現金化を使うのは、かなりまずい方法といえるのです。

こんなことをしていても、借金で首が回らなくなり、多重債務に一直線になると言えるでしょう。

クレジット決済方法を賢く選択する

こういったことにならないためにも、クレカ現金化をする場合はもちろん、クレカを利用する場合には、金利がかからない一括、もしくは2回払いなどを利用するなどして、なるべく負担額が増えないように努力をすることが大事なのです。

こういった努力をしないと前述にある通り、雪だるま式に借金を増やすことになる要因を作ってしまうのです。

検索

△PAGE TOP