目を付けられる人の共通点

クレカ現金化を行うケースで多いのは、持っているクレジットカードのキャッシング枠がいっぱいいっぱいになっており、その上でどうしても現金が必要な場合ではないでしょうか。

しかしながら、キャッシング枠が限界値を超えている時ほどに、現金化はリスクが高いと言われているのです。
普通に考えると、その通りと思うものではないでしょうか。
クレジット会社も、キャッシング枠が限界なのに、それ以上にショッピング枠まで使うのかよという感じです。

当然に目をつけられる

キャッシング枠が限界であるにも関わらず、全くそれが関係ないといったようにショッピング枠を使い、高額な買い物を続けていると、大丈夫かよと思うのは当然ではないでしょうか。

そもそもキャッシング枠は年収の3分の1に設定されているわけです。
だからこそ、返済してくれるのかなと思うのは、クレジット会社からしてみると当然の不安になります。

そこで現金化によく利用される新幹線の回数券などを大量に購入している場合には、ますます怪しいとなってしまい、調査が始まってしまうわけです。

特に注意して欲しいポイント

購入した商品での予測もそうなのですが、後は普段に縁がなさそうな場所で購入をしていると、ますます黒だと確定されます。
普段は寄り付かないような違った土地でのショッピング枠の利用の場合だったり、数量が明らかにまとめ買いなどの場合には、クロだと確定されます。

結果として、即効で利用停止にされる場合もありますから、注意をしましょう。

検索

△PAGE TOP