キャシング枠を限界まで利用するな

クレカ現金化をする場合、やはりクレジット会社にバレないようにすることが最も大事なことです。
そもそもが利用規約に違反しているアクションになりますから、バレてしまった場合には、それなりのペナルティが課せられます。

もちろん、違約金などの発生があるなんてことはありませんが、せっかく審査が通ったクレジットカードを利用出来なくなったり、強制退会された上、業界のブラックリストに載り、新規でクレジットカードを作れなくなることだってあるのです。

同じように使っていても

クレカ現金化を同じように行っていても、一方では即目をつけられて利用停止されているのに、もう一方では10数年という長きに渡り、現金化を行えている方も存在しています。

この両者の違いはどういったところにあるのでしょうか。
疑われやすい人の多くは、いつも万年キャッシング枠をいっぱいまで使っている人です。
つまりは、もしも疑われずに現金化をしたいのであれば、キャッシング枠を限界に使って、キャッシングの限度額を引き出してからという発送は捨て、最初から目標金額に足りないのであれば、総量規制を受けないショッピング枠のみを使い、目的の金額を手に入れようとする方が賢い選択だということです。

本当にキャッシュが欲しいのであれば、まずはキャシング枠で限界まで引き出すに違いないとクレジット会社も想像するからなんですね。
つまりキャッシング枠を限界まで、しかも毎月のように利用している方は、疑われやすいということになるのです。

検索

△PAGE TOP