業者の前にクレカの使い方を考える

クレカ現金化の方法は、キャッシュバック方式や買取方式なんて数多くの種類があります。
そして個人レベルで行う現金化と、業者を介した現金化が存在しています。

業者を介して現金化をした方が、スピードも確実性も、クレジット会社に現金化を行っていることがバレるなどの安全面でも、有効と言われています。
そのため、業者比較ばかりに目が行きがちな状況になっているのが現状なのです。

そもそもクレカ現金化を行うという行為がどういったものであるのかを把握していれば、コストを軽減する方法が見えてくるはずなのです。

返済を一括にすること

その一つが、クレジットカードを使い、ショッピングをした場合の返済方法です。
返済を一括にすれば、ほぼ金利はゼロで融資を受けることが可能です。

それをリボ払いなどにしてしまうから、金利が生じて、多くのキャッシュを失うことになるのです。
結果として、業者への手数料と金利との二重のコストが生じることになるのです。

ですから、キツイかもしれませんが、なるべく金利はゼロで済む一括返済を選択しましょう。
そうすることで業者に支払う手数料のみでコストを抑えることが可能なのです。

一括返済のメリットとデメリットは?

一括返済のメリットは、前述にも挙げた通り、金利がかからないという点です。
それでいながらも、返済日などを先延ばしに出来るようになっているため、余裕を持って利用が出来ることも一つのメリットでしょう。

そして、通常の支払い一括払いでは、せいぜい一ヶ月先延ばしという時間的猶予しかありませんが、ボーナス一括払いを選択していれば、一般的に支給される7月や8月。
更に12月といった時期まで返済を伸ばすことが可能なのです。

ただし、高額の現金化などをした場合、それを一括で返済しなければならないわけですし、それが消えるわけはないのですから、負担は大きいのがデメリットになるでしょう。

二回払いのメリットとデメリット

一括では返済は到底無理だという方には、二回払いがオススメです。
高額でも半分くらいなら返済可能という方なら、最良の選択と言えるでしょう。

二回払いも金利は基本的にはかからないことが多いですし、しかも一回分の支払金額は、一括払いの半分で済みます。

デメリットとしては、リボ払い専用などのカードや、そもそも二回払いというシステムを採用しているクレジットカードが少ないため、カードが限定されてしまうという点です。

カードの使い方と返済をまずは考える

このように業者比較ばかりに注目せず、そもそものクレジットカードの使い方や返済方法でなるべくコスト高にならないように工夫をすることが大事なのです。
クレジットカード現金化【お金がない時はカードでお金】人気ランキング2016

更新情報

検索

△PAGE TOP